もう道路の段差やオフロードは、楽しいアトラクション♪

グラベルバイクや電動バイクだけにとどまらず、すべての自転車ユーザーにオススメしたい
軽さと仕組みのベストバランスなシートポストとステムをご紹介します!
愛ゆえの長文記事となりますが、ご了承下さいm(__)m


キネクト「サスペンション・シートポスト」
(ショートタイプ/350mm)(ロングタイプ/420mm)
(ポスト径/27.2mm※シム別売)(トラベル量0~35mm)
メーカー希望小売価格
税抜き 29,800円
税込み 32,780円

キネクト「サスペンション・ステム」
(ハンドル径/31.8mm)(トラベル量15~20mm)
(7°×90 or 105 or 120mm)(30°×100mm)※現在入荷待ち
メーカー希望小売価格
税抜き 29,800円
税込み 32,780円

自転車に付けるとこんな感じです!見た目よりもずっと軽いのが驚きでした!
元のポストが340g程度、ステムは160g程度なので、約+550gとなりましたが
他社のサスペンション付きステムとシートポストに比べると一目瞭然の軽さですね(^^)
シンプルな構造とアルミボディがそれを支えてくれています。

<シートポストの場合>
①基本は、乗り手の体重に合わせて色分けされているバネの硬さを選びます。
最初から【紫=柔らかめ】【黒=並み】【橙=硬め】のバネが付属していますので安心です♪
(それ以上の硬いバネや、上側バネは別売でご用意できます)
②実サドル高に合わせ『サドルに座る→ペダルに立ち上がる』をした上で沈み込んだ分をスプリング調整します。
再度実サドル高に合わせて確認し、沈み込みが起きなければサグ調整完了です。
試乗の際や、ご購入頂いた際にはスタッフが無料で調整致しますよ♪
上記を基準として乗っていただき、張力調整やバネ交換でより良い硬さを見つけていきましょう(^^)/

 <ステムの場合>
①基本はシートポストと同じく、体重に合わせたバネを選びます。
シートポストの様なテンション調整機構はないので、バネ交換のみで反発力を調整します!
こちらも調整は無料で行いますよ♪(シートポストバネとの互換性はありません。)

スタッフ伊藤のグラベルバイクに早速取り付けて、砂利道10km・舗装路合わせて20kmを試乗!
体重70kgなのに、シートもステムも紫の柔らかバネでサグ調整を済ませ出発!後日、黒のバネで乗りましたので合わせてインプレしますね♪
ちなみにサグ調整しないとバランスボールみたくバインバインに跳ねるので、
サドルからアッパーカットを食らいます( ;∀;)しっかり調整しましょうね(笑)

チューブレスで650B×1.75幅・行きは3.0BARの高め圧。帰りは2.0に落として乗っています。
どちらも綺麗な舗装路では劇的な違いを感じませんし、座ったままケイデンスを100よりも上げたり、ギアを重くしたりすると
紫・黒バネ問わず一瞬沈み込む感覚が続くので、瞬発的なスピードアップが遅れる感じでしたね…
ステムもハンドルに体重をかけると5~10mmは沈みますし、坂道を立ち漕ぎすれば、その度に下限に突き当たる感じが続きます。

ですがグラベルに入ると、通常より段違いの安心感と操作性を一発で実感できました‼

川沿いや山間の舗装路から続く砂利道や泥道は、砂利の蓄積がまだらに広がっているので、突然の水たまりや小高いジャリ山が続く道を選らびきれずに走るイメージです。
それらを通常シートポスト・ステムで25~30キロ速で漕いでいこうとすると、必ず突然の突きあがりを喰らって、ケイデンスの維持に集中出来ない感じが続きます。

それらの挙動と速度変化が確実に少なくなって、平均速度とケイデンスの維持がしやすくなりましたよ!
下半身はお尻より下側で、上半身は肘より下側で、今まで突発的に刺々しく打たれる感じだったものが、
全て丸みを帯びてポンポンと元の位置にお尻と肘の位置を返してくれる様な、そんな感覚でした♪
軽いギアを選び過ぎて空転する感覚も許せてしまえる様な、走りに集中出来るパーツのテクノロジーを感じました!

お気軽にご来店頂き、スタッフに『キネクト試してみたい!』とお伝えください♪
自転車をお持ち頂いて、是非ご来店ください!お待ちしております!
投稿者:伊藤 智大

お知らせ】

コロナウイルス感染拡大防止の為…

マスク、又は口鼻を覆う物を着用の上、入店をお願い致します。
修理作業・納車等は、通常よりお時間頂戴します事があります。

ご了承くださいますようお願い申し上げます。

シクロワイアード
レコメンドショップペー ジに
バイシクルセオ新松戸店が掲載されています!
http://www.cyclowired.jp/shop/node/252779

twitterも更新中🐦
ブログの他にも色々な情報を少しずつ配信しています♪
https://twitter.com/seoshinmatsudo

セオサイクルHP
各店舗のブログもチェック!!
http://www.seocycle.co.jp